スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



味覚の変化?

イタリア人といえば、食に関してはとても保守的な人たちが多く、

この世の中でイタリア料理が一番美味しい

と思っている人も少なくないのでは?

それはうちのパパを見ていても、その他大勢のイタリア人を見ていてもそう感じます。

というか、パパのように海外で暮らすイタリア人は別として、イタリア国内に生活するイタリア人の方々はイタリア料理以外のお料理を口にする機会もそれほど多くないのではないでしょうか。

私たち日本人は、世界中ありとあらゆる国のお料理を口にする機会も多く、普通の一般家庭でも和食以外にも中華料理、韓国料理、イタリア料理、タイ料理、フランス料理等を作ったり、和洋折衷365日毎日純和食というご家庭は珍しいのではないでしょうか。
それに外に行けばレストランも本当に多国籍で色々な国のお料理が楽しめますもんね。


それに対し、イタリアではイタリア人マンマの作る食卓にあがるのは、ほぼイタリア料理。
中にはイタリア料理以外のお料理を作られる方もいらっしゃるんでしょうが、私の義母も義姉、そして元コックの義兄も家で作るのはイタリア料理だけ。
外食をするにしても、やはりイタリア料理が中心で、大きな都市では外国料理のレストランも増えつつあるようですが、日本と比べるとそれは歴然の差。
それはやはり、イタリア人にとってイタリア料理が一番であるということが根底にあるから、他の国のお料理がそれほど定着しないんでしょうね。

そして、それは年配の人ほどその傾向が強いように思えます。
だから、うちの義母が来日した際は結構大変でしたよ、ホント・・・(^^;)

そういう意味では日本人ってどんな国のお料理でも抵抗なく受け入れることもできるし、食に関してはかなり柔軟ですよね。
とはいっても、やっぱり一番口にあい、ホッとするのは日本食ではあるのですが・・・。


うちのパパも日本に来るまではイタリア料理中心の生活(って、当たり前か・・・)
(因みに、毎日パスタOKな人。“だってイタリア人やもん!!”と威張るパパ(笑))


イタリアに住んでいた頃、中華レストランには何度か行ったことがあるって言ってたんですが、イタリアの中華料理というのは本場のそれとはかなりかけ離れたものがあるらしく、日本に来て中華を食べに行ったら、「イタリアと全く違う」って驚いてましたからね。

とりあえず、最初はイタリア料理以外、どんなお料理が食べられるのかもわからず、手探り状態で色々なお料理を作ってみました。

そうするうちに、和食もお味噌汁や焼き魚などなどそこそこ食べれるんですが、甘辛に味付けしたお料理はやっぱり苦手だということが判明。

そして、

「好き嫌いはあまりない!!」と言っていたにもかかわらず、食べれないものが出てくるわ、出てくるわ(爆)

なもので、かなりお料理のレパートリーが狭まってきました(><)
それでもまだ和食はまだ抵抗なくどんなお料理も試してはくれたのですが、問題は中華料理や韓国料理、その他諸々。

中華料理=重たい 

というイメージや

韓国料理=キムチ・辛い

のようなイメージがあって、なかなか他のお料理は「作る」といっただけでも嫌そうな顔をしていたのです。

ところが、

私が何料理かも言わずに作って出してみると、

あ、これ美味しい!!

な~んて食べてくれることも多々(笑)
そう、要するに食わず嫌いなんですよ。

それで、“これは○○料理の△△ってお料理よ”な~んて話すと、“へぇ~、美味しいよ。”という感じで、そのイタリアン&和食以外のお料理に対してもかなり抵抗なく受け入れれるようになってきました。

そして、最初は

味+辛さ、それに加え臭いもダメ

と食卓に出すだけでも嫌な顔をしていたキムチも

今では食べられるようになったんです!!

もともと辛いものはあまり得意ではなかったんですが、ビビンバを食べてからキムチも食べられるようになり、焼肉のお供にもキムチを欲しがるまでに。
だから、以前では出来なかった豚キムチなんてのも最近は我が家の献立にのぼるようになりました。

だけど、食べ過ぎると翌日おトイレのときにお尻が痛くなるので要注意らしいんですが・・・(笑)

こうしてイタリア料理以外を少しずつ出すようになり、パパの味覚もかなり変化してきたようです。
来日当初はイタリア料理の割合が週の半分ぐらいを占めていたんですが、最近では一週間に一度ぐらいしか作らないときも。

これからはドンドン新しいメニューにも挑戦して、パパにも色々なお料理を食べられるようになってもらうぞ~!!

次はどんなお料理にしようかな。

それにしても、これほどまでに多国籍なお料理が楽しめる日本というのは、他の国と比べるとちょっと変わっているんでしょうか??

スポンサーサイト

2010.03.11 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 日々のこと



コメント

そのとおり~

うちのダンナは何でもOKやけど、これが食べれなくなったら困る?という質問にはパスタ、しかもトマトソースのパスタって答えてたわ。いや、ほんまにねぇ、最近は増えたっても外国料理は少ないよ~。しかもイタリア人っていうよりも、その国出身のイタリア在住者向け?て感じ。私が思うに、イタリアの中華はある意味ほんまもんの中華(だって全部中国人やもん)、日本は日本向けにアレンジしてる気もするんやけど・・・

2010/03/11 (木) 15:03:50 | URL | くみこ #- [ 編集 ]

わかります

そのお気持、よーく分かります。
私も婚約者のご両親(タイ人)が来日した時、食べられるものが少なくて大変でした。
タイ料理・中華料理以外のものに対しての食わず嫌いが多いですね。

日本みたいに日々、色々な国の料理を楽しむ国は珍しいみたいですね。

2010/03/11 (木) 15:35:11 | URL | 空 #cHwBnr5. [ 編集 ]

くみこさんへ

あれだけ何でも食べられるマッシさんも、やっぱりトマトソースのパスタが食べれなくなるのが一番困るのかぁ。
やっぱりイタリア人やね(笑)
うちのはなんだろう?? 聞いてみよ~っと。
確かに、イタリア国内の外国料理って、在伊のその国の人向けって感じするよね。
ま、イタリア人が他の国の料理にあんまり興味がないからそうなっちゃうんだろうけど。

でもさ、ローマで中華食べに行ったら、カレーがメニューにあったらしいのよ。
でね、うちのダンナや友達は“カレー=中華料理”やと思ってたらしいよ・・・(^^;)
さすがにこれ聞いた時はビックリしたので、ちゃんと訂正はしておいたけどね。

ま、日本で食べる外国料理も日本人向けにアレンジされてて、いざ本場でそれを食べてみると「ん??違う」って思うこともあるけど、やっぱりお手軽にいろんな国の料理が楽しめるっていうのは嬉しいよね。
最近はね、夏の帰省時にRYOがイタリア料理しかないから飽きちゃうのよ。
なもので、今年から滞在中もイタリア料理以外が食べれるように日本から食材&調味料を持ち込みます。

2010/03/12 (金) 05:25:26 | URL | sanae #- [ 編集 ]

空さんへ

タイのご両親もやはり来日された際は食べるものでお困りでしたか。
どれも初めて見るお料理で食べたこともないものだから、口に入れるのに抵抗があるんでしょうね。
うちの義母もそうですが、食べてみる前から「絶対に食べたくない」と拒絶しますから。

それがある日のこと、義母は一人別のメニューを食べるから・・・というので、私達はテーブルの上でヤキソバを焼いて食べていたんですよ。
最初にどんなお料理か説明したときは「私は食べない」って言ってたのに、おそばが出来上がり香ばしい匂いと私たちが美味しそうに食べている様子をみて、「一口ちょっと味見してみるわ」と言ったその後、おかわりをしていましたよ。
そんなゲテモノを食べているわけでもなし、ちょっと勇気をだして(?)味見をしてくれれば、もっと色んな味が楽しめると思うんですけどね。

そう思うのはやはり、色んな国のお料理が楽しめる日本にいるからなんでしょうかね。

2010/03/12 (金) 05:33:30 | URL | sanae #- [ 編集 ]

同感!!

 ご無沙汰しております!

 イタリア人=イタリア料理No.1だと思っている
には本当に同感です!!
とはいえ、私も同じようなもので、日本料理=世界一だと思ってますけど…(笑)。

 でも、日本人とイタリア人の違いは、
なんでも受け入れる日本人に対して、イタリア人は保守的ですよね…食に関しては本当に。

 でも、そういうところに育ったご主人なのに、
色々トライしていらっしゃるのもすごいなぁと
思いつつ、きっとそれはnebichanさんの
お料理がおいしいからですね!!
私もいつか食べさせていただきたいです!!!^^

2010/03/14 (日) 19:49:15 | URL | orsetto #svNOhSIg [ 編集 ]

orsettoさんへ

こちらこそご無沙汰しております。
お元気ですか?

イタリア人がイタリア料理を№1だと思っているのと同様に、私達日本人も日本食が一番だとは思っていますが、イタリア人の場合は他の国のお料理を食べずにそう思っていますもんね。
反対に私達の場合、色んな国のお料理を味わって、そう思うんですから。

そういう意味では色々とトライしてくれるうちのダンナはありがたいんですけどね。
私のお料理が美味しいかどうかは??ですが、是非是非一度orsettoさんにお会いしてご馳走できれば嬉しいな♪

2010/03/16 (火) 09:00:11 | URL | sanae #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

sanae

Author:sanae
初めての海外旅行でイタリアを訪れて以来、イタリアの魅力の虜になった私。
イタリア語を独学→語学学校で習得(?)し、イタリアへの語学留学を夢見つつ、結婚・出産・離婚を経験。
そしてなんの縁あってかイタリア人のダンナ様と子連れで再婚。
現在は日本からイタリア移住に向けての準備中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


日めくり★イタリア

Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

黒ねこ時計 くろック C01

星が見える名言集100

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

売れ筋商品

トラベル

キッチン・雑貨

おすすめ商品(本)

おすすめ商品(イタリア語関連)

フリーエリア

アフィリエイトならリンクシェア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。