スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



割り算のひっ算

日本人とイタリア人が一緒に生活していると、お互いに自分が“当たり前”だと思っていたことが、実は国によって違うんだって気がつくことが結構あります。
今までにも(多分)いくつかご紹介したとは思うのですが、今日は算数について。


現在小学三年生のRYOは、只今“割り算のひっ算”を勉強中。

学校から帰ってくると、学校で勉強したプリントやテストを見せてくれるのですが、その“割り算のひっ算”が書かれているプリントを見てビックリするパパ。


でもって、


これは何


って・・・。


いや、何って言われても見たら分かるやんか・・・(^^;)と思いつつ、


割り算のひっ算やんか絵文字名を入力してください


と、答えると


なんだぁ、割り算かぁ。

√(ルート)に見えたから、小学三年生でもう平方根の勉強してんのかと思ってビックリしたわ。


ですって。
日本とイタリア、お国が違えど、まさか小学三年生が平方根の勉強なんてどう考えてもするわけがないじゃないですか・・・(^^;)

だけど、今パパのその言葉を聞いて、私の頭がとなってしまった。
だって、日本人なら
 ひっ算(giapponese)





左のような筆算をみると、すぐに

19÷3 

答えは、6 あまり 1





って、すぐに割り算の勉強してるんやなってわかるでしょ
それが分からなかったってことは“もしや”・・・と思い、


イタリアは割り算のひっ算はこうじゃないの?


と聞いてみた。


すると、“イタリアでは割り算の筆算はこう書くんだよ”と、紙に書いてくれたものをみて、今度は私もRYOもビックリびっくり

だって、こんな形。
 ひっ算(italiano)

これこそ、私達日本人が見ても絶対にこれが割り算の筆算だなんてわからない!!

そこで、今度は 68÷3 を筆算でかくと、日本式とイタリア式ではどうなるのかを比べてみたのですが、

日本式は皆さんもご存知の通り
        筆算(giapponese)  ですよね。

で、イタリア式はと言いますと
            筆算(italiano)
となるそうです。


う~ん・・・・。
勿論、考え方は同じなんだけど、私にはやはり自分が勉強した日本式の方がわかりやすいかな。

だけど、(お互いに)同じだと思っていた(というか考えたこともなかった)割り算の筆算がこんな風に違ったというのは、ちょっとした驚きでした。
この驚きともいえる発見は、日本人同士だったらきっとずっと知らずにいたかも知れないんですよね。
そう思うとなんだか面白い。

また、RYOにとってもこれっていい環境なんじゃないかと思います。
まず学校では「日本と外国では筆算の書き方が違う」なんて教えてくれませんからね。
そういう違いを学ぶ(知る)ことができる環境にいるっていうことは、またこれから先、色々な面において興味や視野を広げるために役立ってくれるんじゃないかなぁってね。


因みに、割り算以外の足し算、引き算、掛け算の筆算の場合はどうなるのか聞いてみると、

(足し算を例で)
足し算

を見ていただくとお分かりのように、+、-、×の場所が右にくるか、左にくるかの違いだけのようです。

スポンサーサイト

2009.09.30 | | コメント(4) | トラックバック(0) | イタリアと日本のオモシロ比較



コメント

えぇー!?

イタリアでは、こんな計算式使うんですね・・・
+、-、×はまだしも、割り算はぜーったい日本の方がわかりやすいですよ!!
多分、私が数字に弱いからかもしれないですが・・・日本の方が、計算の過程も明記されているし、自分が間違ったときのフィードバックが楽に出来る様な気がします。
算数も国によって様々なんですねぇ。
勉強になりましたっ!!

リンク、是非よろしくお願いします☆
私のほうにも、貼らせていただきますねー!

2009/09/30 (水) 10:22:15 | URL | stella cadente #KANFJef2 [ 編集 ]

お久しぶり~です!

大っ嫌いな算数・数学の存在を
見ないふりをしてきて暫く生きていこうと
思ってたからイタリア式の計算なんて
知らなかった~~
うちの子は5歳なんであと何年かしたら
こんなことやるわけなのネ・・・
(フーッ、今からため息)
 
でもやっぱりどう考えても
自分の慣れてる計算法がどうしても簡単に見えるかも。 
さてRyo君はどっちがいいかな?!

2009/09/30 (水) 21:57:41 | URL | aki #- [ 編集 ]

stella cadenteさんへ

そうなんですよ。イタリアではこんな式らしいですよ。
最初見たとき、ま~ったく分りませんでした(笑)
だけど、私も国によって算数の計算方法が違うっていうのは知らなかったので、勉強になりました。
これも息子がいたお陰ですね。
普段こんな筆算なんて考えないですもんね。きっと息子がいなければ、ずっと気がつかずにいたんでしょうね。

リンク、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いしますね。

2009/10/01 (木) 08:59:56 | URL | sanae #- [ 編集 ]

akiさんへ

お久しぶりで~す!!

いやぁ~、普通の日常生活を過ごす上では算数や数学なんて必要ないから知らなくってもおかしくないですよ。
うちのダンナだって日本に住んで4年弱になりますが、日本式の割り算は今回のRYOのプリントで初めて目にしたんですから。

akiさんも娘ちゃまが学校に通うようになったら、またこういう日本とイタリアの学習の違いが色々と目につくようになるんでしょうね。それって、おもしろいなぁって思う反面、日本で学習したことと違うと、教えてって持って来られたときに戸惑うこともあるんだろうなぁ。

2009/10/01 (木) 09:26:24 | URL | sanae #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

sanae

Author:sanae
初めての海外旅行でイタリアを訪れて以来、イタリアの魅力の虜になった私。
イタリア語を独学→語学学校で習得(?)し、イタリアへの語学留学を夢見つつ、結婚・出産・離婚を経験。
そしてなんの縁あってかイタリア人のダンナ様と子連れで再婚。
現在は日本からイタリア移住に向けての準備中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


日めくり★イタリア

Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

黒ねこ時計 くろック C01

星が見える名言集100

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

売れ筋商品

トラベル

キッチン・雑貨

おすすめ商品(本)

おすすめ商品(イタリア語関連)

フリーエリア

アフィリエイトならリンクシェア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。