スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



チヴィタ・ディ・バニョレージョ ~その①~

滞在二日目の月曜日。

この日はちょっと(本当にちょこっとね)早起きして、Civita di Bagnegio(チヴィタ・ディ・バニョレージョ)へ行ってきました。

ラツィオ州の北部、ウンブリア州との州境に位置する小さな町。
不便さから町の中にはもはや数世帯が住むだけとなってしまい、「死にゆく町(il paese che muore)」と言われ、今もなお風化が進む魅惑の町「チヴィタ・ディ・バニョレージョ」。
一度訪れてみたい町だったんですよ。


ローマを出発し、バニョレージョまで移り変わる景色を楽しみながらドライブ。

2009080413120874e_20090812124255.jpg20090804131208a8e_20090812124254.jpg
200908041312092ae_20090812124255.jpg20090804131209180_20090812124255.jpg

毎回イタリアへ行くときは、ガイドブックも地図も持たず・・・・(^^;)
もちろん、今回もな~んにもなしだったのですが、一応日本を出発前に大まかに下調べをしていたので、ローマからバニョレージョまでは迷うことなくたどり着くことが出来ました。

が・・・


案の定、バニョレージョに到着したものの

チビタはどこ

ってあたふたする私とパパ(^^;)
ってか、パパ、私よりもチヴィタ・ディ・バニョレージョの知識無く、バニョレージョが私たちの目的地だと思っていた・・・(^^;)


一応、私は下調べ(?)をしていたので、まだここが目的地ではないはず・・・。だって、街に入るには300メートル以上もの橋を渡らんとあかんはずやから・・・。と、どこかに標識が出ていないかと探すと、ありました。

その表示に従いながら道を辿っていくと、またまたこんな細い道に入ってきたけどいいん?というようなところへ。

すると、目の前に一人の男性が立っていました。
この人に聞けばいいや~なんて思っていると、なんとその男性がチヴィタの駐車場の係員さんでした。
そして、一日駐車券を購入し、男性に教えてもらった道を進んでいくとこの景色が目に飛び込んできました。

Bagnoregio2.jpg

橋の下の駐車場に止めて、チヴィタへと向かいます。

チヴィタへ行くには300m以上もある唯一の橋を渡らなければならないのですが、これが急な坂道。
なかなかいい運動になります。
DSCF1683_convert_20090812131338_20090812135926.jpg
坂道の登りきったところから下を見ると、こ~んな感じ。
DSCF1724_convert_20090812140827.jpg

さて、坂を上りきるとまず私たちを迎えてくれるのがPorta di “Maria”

bagnoregio6_20090812141705.jpgDSCF1687_convert_20090812131448_20090812135927.jpg
              そして、ここを通り抜けると
              DSCF1689_convert_20090812131620_20090812135927.jpg

こんな素敵な景色が目の前に広がってきます。
Bagnoregio8.jpg

石造りの壁と古い家、そこに色とりどりの花が咲いていました。



  Bagnoregio9_20090812143317.jpgBagnoregio7_20090812143317.jpgBagnoregio12_20090812143318.jpg
Bagnoregio10_20090812143318.jpgBagnoregio24_20090812143319.jpgBagnoregio27_20090812143339.jpg
Bagnoregio29_20090812143340.jpgBagnoregio28_20090812143340.jpgBagnoregio14_20090812143318.jpg

小さな広場にはChiesa di San Donato(サン・ドナート教会)があります。
Bagnoregio11.jpg
  Bagnoregio17s_20090812144654.jpgBagnoregio16s_20090812144653.jpg
街を一通り散策し、私たちが広場に腰を下ろすと、ちょうど鐘が鳴り始めました。
その鐘の音を聞きながら、ちょっと休憩しながら、昼食をどこでとろうかという相談をする私たち。

さて、次は昼食とチヴィタ・ディ・バニョレージョを後にしてある街へと向かいます。

スポンサーサイト

2009.08.12 | | コメント(7) | トラックバック(0) | イタリア滞在記 ~2009 夏~



コメント

行きたいんですよ。私も。

ここに行った2名の方のブログを見て、(それぞれは知り合いじゃない)写真を拝見し行きたいなと思っていました。
それにしても、笑ってしまったのが、みなさん同じアングル(つまりこの坂道)の写真を撮っていらっしゃって、よほどきつかったんだろうなぁ。って思います。
真夏は辛いですね。人けがほとんどないだけに、映画のロケなんかに使えそうですね。

2009/08/13 (木) 05:02:27 | URL | がっちゃん #FC.lYLE. [ 編集 ]

はじめまして!

ランキングからお邪魔しました。
実は、来週辺りにCivitaに行きたいなぁ~っと思っていたので、参考になりました!
わかりにくい場所にあるんですね・・・
ナビがないので、心配です!!
しかし、とっても素敵な町ですね~♪
我が家の旦那様もイタリア人なのですが・・・Civitaの事は全く知らなかったですよー。

2009/08/13 (木) 10:33:27 | URL | stella cadente #KANFJef2 [ 編集 ]

よく考えたら

このチヴィタの写真1枚はDelfinoさんのところで見かけたんでした。ってことはsanaeさんはDelfinoさんから聞いたのかな?
で、もう一枚はあねさまと言う人のブログで見てるんですが、実はそのあねさまと、上記コメントのStella Cadenteさんは同じ県のご出身なんですよ。なんかどうでもいいけど、ブログを通してすごい縁みたいなのを感じました。

2009/08/14 (金) 02:03:52 | URL | がっちゃん #FC.lYLE. [ 編集 ]

綺麗~(@@)

初めて聞いた街ですが…
ひぇ~~美しくて絶句です…v-12
外観は要塞の様なのに、この宝石の様な街並みは…
しかも、この橋は一体何!?
300メートルで唯一のアクセスですか…
いやぁ、腰が抜けそうです(^^;

こんな奇観の見事な街だというのに、「死にゆく町」だなんて本当に残念です。
暮らすには不便すぎるんでしょうけれど…
こんなところへ行かれたなんて、羨ましい限りです♪♪

2009/08/16 (日) 17:26:07 | URL | petite nina #APq4Dteg [ 編集 ]

がっちゃんさんへ

続けてのコメントありがとうございます。
お返事はまとめて書いちゃいますね。

Delfinoさんもここの記事を書いてらっしゃいましたよね。
でも、私がここを知ったのはその前から・・・・。たしかgelliusちゃんとこだったと思うんですよ・・・。
それからず~っと行きたいなぁって思ってたんですよ。
因みに、旦那は私が言うまでここのこと、知りませんでしたけどね。

たしかに、写真は皆同じアングルですね。
だけど、ここの写真をとろうと思ったら、やっぱりこうなっちゃうと思いますよ。
だって橋の入口からみたあの傾斜は本当にビックリしますもん。
がっちゃんさんも是非行ってみてください。とっても可愛い町ですから。

だけどホントにブログって不思議なものですよね。
「はじめまして」ってコメントを頂いたstella cadenteさんのブログも、実はいつもブログにお伺いしては読み逃げしてたんですよ。
がっちゃんさんもブログを始めるず~っと前に実はお会いしたことのあった方だし、他にもブログを通して知り合った方々のことを思うと、本当にすごい縁だなぁって思います。
こうしてネットを通して知り合うというのも、これまた一つの縁。ネットをしていなければ知り合う機会なんてなかったですもんね。
だから、これからもこういう縁も大切にしていきたいなって思います。

2009/08/18 (火) 02:05:14 | URL | sanae #- [ 編集 ]

stella cadenteさんへ

こんにちは。
ご訪問&コメント、どうもありがとうございます。
実は私、stella cadenteさんのブログに訪問しては、いつも読み逃げしていたんです・・・(^^;)

来週当たりってことは、今週かな?
私たちもナビなし(+下調べも殆どなし)で行きましたが、無事たどりついたので大丈夫だと思いますよ。
それに分りにくい場所・・・といっても、旦那がま~ったくcivitaに関する知識がなかった+イタリアの地理が全く分らない私だったので・・・(^^;)
下調べさえされていたら大丈夫だと思いますよ。
だけど、stella cadenteさんの旦那様もcivitaのことはご存知なかったんですね。
案外、日本人の方がよく知ってるってこともありますよね(笑)
civitaは小さな街ですが、とても可愛らしい街並みでステキなところだったので、楽しんできてくださいね。

2009/08/18 (火) 04:12:59 | URL | sanae #- [ 編集 ]

petite ninaさんへ

「死に行く街」なんてきくと、どんなおどろおどろしい街なのかと思いますが、こんなに素敵な街なんですよ。
確かに外観は要塞とも見てとれますが、本当に宝石のような町並みでした。
唯一のアクセスであるあの橋、郵便局のバイクが走っていました。
やっぱり郵便の配達は歩いてなんて大変ですもんね。

2009/08/18 (火) 09:47:15 | URL | sanae #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

sanae

Author:sanae
初めての海外旅行でイタリアを訪れて以来、イタリアの魅力の虜になった私。
イタリア語を独学→語学学校で習得(?)し、イタリアへの語学留学を夢見つつ、結婚・出産・離婚を経験。
そしてなんの縁あってかイタリア人のダンナ様と子連れで再婚。
現在は日本からイタリア移住に向けての準備中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


日めくり★イタリア

Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

黒ねこ時計 くろック C01

星が見える名言集100

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

売れ筋商品

トラベル

キッチン・雑貨

おすすめ商品(本)

おすすめ商品(イタリア語関連)

フリーエリア

アフィリエイトならリンクシェア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。