スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



消えた1セント

先日「イタリア人 イン ジャパン」の記事でいただいたコメントの中で、toscaさんが「日本に住んでイタリアへ一時的に帰る生活がしてみたい」って書かれていたんですが、まさにうちはその生活。
そんなイタリア在住の方から見れば理想的(?)な日本在住、イタリア一時旅行という生活をおくっている私たち(笑)。
イタリアから日本へ帰ってくると、感動があるっておっしゃるでしょ?

が、うちのパパはその反対・・・・。

うちのパパ、毎回イタリアへ行くと怒ってます(^^;)

今回は、普段は温厚なパパが怒ったイタリアでの出来事。


1CENT.jpg

さて、こちらは皆さんもご存知ですよね。
欧州連合27か国中15か国が公式に採用している単一通貨であるユーロの補助通貨として使われている1セント。

今回はこの1セントの不思議~なお話です。




イタリア滞在中のとある日のこと。


スーパーでお買い物をして、レジでお金を支払いを終えた後、レシートとおつりを見ながら


はぁ~、また・・・。
なんで、イタリアって国はこうなんだ・・・・


と、怒り口調のパパ



前回来たときよりもまた値段が上がってるって怒ってるのかな

と思っていると、どうやら違うらしい・・・・。

パパが怒っていたのは、おつりが足りなかったから。

といっても、金額は僅か1セントなんですけどね。

1セントって言えば、日本円にしても1円60銭ほどのお金。
たいした額じゃないんだから、別に怒るほどのことじゃないだろうって思うでしょ

そんな金額でいちいち怒るって、パパってばケチなんじゃない?ってね?

だけどね、これが間違いで1セント少なかった・・・

というのであれば怒らないんだけど、

故意にだとすれば・・・・。


例えば、3.99ユーロの買い物をしたとします。
そして5ユーロで支払うと

普通は、1ユーロと1セントのおつりとなるわけなんだけど、

何故かおつりは1ユーロ

じゃあ、あとの1セントは

レジ係りの人のポケットへ・・・・。ということらしいのです。
(実際その現場を目撃しました・・・(^^;))

というわけで、レジの人が間違えて1セント少ないのではなく、この1セントをレジの係りの人が自分の懐に入れちゃう

そこで生じる1セントなんです。


実は、こうして1セントが足りなかったというのは、この1回だけではありません。
毎回ではないにしろ、かなりの頻度で外でお金を支払う度ににこういうことが続くと、やっぱりうんざりもしますよね。


金額としては僅かだけれど、おつりはおつり。
日本ではちょっと考えられないこと。

たかが1セントといえどもお金はお金。
日本では「1円を笑う者は1円に泣く」って言葉もあるように、1円でもおろそかにしてはならないという認識がありますが、イタリアではそうではないのでしょうか?


パパ曰く、この原因は親が悪いと!!
イタリアの親は教育やしつけがきちんと出来ておらず、子供を甘やかすだけ。そういう子供が大きくなっても、モラルも何もあったものじゃない。
それこそ、自分さえ良ければ・・・と自分本位な考え方で、親がそうだから、また子供もそうなってしまうんだ・・・


と。


今回の滞在中の支払関係は殆どパパに任せていました。
だから、外国人だから・・・と足元を見られておつりをぼったくられたわけではなく、イタリア人でも外国人でも関係がないそうです。
因みに、これはローマでの出来事。
ローマだけがこうなのか、それとも他の街でもこうなんでしょうか?

大好きな国だからこそ、こういうことがあると余計に腹立たしく感じるんですよね。

スポンサーサイト

2008.10.01 | | コメント(22) | トラックバック(0) | イタリアのこと



コメント

そんなことが

sanaeさん、応援ありがとうございます。今日からなのに、
お昼にパスタを食べるという暴挙。夜こそは気合を入れてやります。

今日のお話でびっくりしたのが、旦那様は
イタリア人なのに、その人でもやられてしまう
ってこと。しかもポケットにって・・・普通ならば
問題ですよね?

イタリアって大雑把とか、自由過ぎるって思う
部分があって、そこがすきだけど、こういう場面は
嫌ですね。国民性かなと思ってたら親の躾なんですね。
お母さんがなんでもやってくれるスーパーマンマだからなのかしら?

旦那さんは、小学校や中学校の頃に、よく
先生がコーヒーを取りに消えたという話は聞いて
いました。なんじゃそりゃ?と。
旦那様が次回イタリアに行ったときに、今までの
借りを取り戻すぐらい派手におつりを多く渡されることを願っていますi-179

来年、気をつけます。日本とイタリアを行き来だなんて、羨ましいなぁ。

2008/10/01 (水) 08:00:29 | URL | ピッコリーナゆか #- [ 編集 ]

Sanaeさん☆

こんばんは^^。あら、ゆかさんもこんばんは。
Sanaeさんの温厚な旦那さまでも、お怒りになられるとは、、、。
うちのダーリンは感情的なので、しょちゅういろんなことに対して怒りをあらわにしてますが(笑)。
でも、レジの人のポケットに入るなんて、、、本当に日本の常識で考えたら、なしですよね。
うちのダーリンもイタリアに行くと、いろんなことに腹をたててます。
同じくローマには住みたくないそうです~。

2008/10/01 (水) 10:58:41 | URL | keittey #- [ 編集 ]

銀行のせい、だと思います

イタリア中で起こる現象だと思いますよ♪

そして、客に数セント多く渡すときもしょっちゅうあるんです。
例えば、本来は3セントのお釣りなのに5セントコインでくれたりとか。

そして、これには理由があるんです。

なんと、店側がいくらお願いしても、取り扱い銀行でさえ
おつり用のコインのために両替してくれないんですね。
例えば企業として予約、「○月○日に○○ユーロ分の
小銭を予約します」と正式に申しこんでも、
用意できませんでした、と普通に言われてしまうんです。

なのでどんなに大きな店でもつり銭が足りないのは
日常茶飯事ですし、そのことで怒るイタリア人も
いない、というわけです。

5ユーロ足りないと大問題になりそうですが、
1セントくらいなら気にしないのもお国柄ですよね。
それもみんな、誰もが1度は銀行で両替してもらえなくて
困った経験があるからでしょう。

私も経理会計で困った経験を持つ1人です(笑)。
緊急事態にはいくつものBARでコーヒーを飲んで
おつりを集めたりもしたんですよ!

ちなみにBARでは小銭がないと話になりませんから、
毎朝銀行で怒鳴って喧嘩してやっと集めたり、
盆暮れの「貢物」を渡して優先的に小銭を
まわしてもらったりしているようです。

つまり、銀行の働きが悪いんだと思います。

昔ならまだしも、今はレジごとに監視カメラがありますし、
この就職難に数セント盗んで職を失いたいと
思う人もいないかもしれませんねー(笑)。
スーパーのレジ係りって、イタリアでは結構「良い職」ですし。

と、記事に反対するようなコメントになってしまいました 涙 が、
裏事情を書かせていただきました♪

2008/10/01 (水) 11:02:44 | URL | Mezzana #293.Ebp2 [ 編集 ]

うちも...

経験アリだよ!
確かにお店によっては5セント単位で請求されるときもあるけど、その場合、消費者が損しないように、切捨て計算なんだけどね。

で、うちの経験は高速道路!ほら、使えると悪いからお金払って、ビューッと出ちゃうでしょ。主人からおつりを渡されて助手席で確認するも時既に遅し。1ユーロ足りない...
これが違う出口で2,3回経験したら、もう、ぴったりお金を渡すか、お釣りを確認するまでは、後ろが使えようがなにしようが車を出さなくなりました。
おつりを少なく間違えることはあっても決して多く間違えることがないって、やっぱり故意なんだろうね。

2008/10/01 (水) 14:06:35 | URL | Riccia #- [ 編集 ]

この辺りでは

丁度のおつりが無くてお釣を多渡されたり、
私の方でも小銭が無いときなど、”あ~、1セントなら今度でいいよ!”など、
イタリア人のおおらかさ(悪く言うと適当(笑))
がプラスに出るケースもよく見かけますよ。
勿論、お釣を少なくよこすこともありますけどね~!
(これはワザととは知りませんでした!)
いずれにしても、キッチリとした日本ではありえない話しですよね!

2008/10/01 (水) 16:41:16 | URL | Masami #- [ 編集 ]

わかるわかるー!ほんと小銭おつりでくれないところ多いよねぇ。
あたしはね最高で5セントもらえませんでしたねぇ。その時はレジに小銭がないからって理由だったけど、5セントは大きくね?

でもね、逆に日本に帰ったときにはね、1円や2円くらいのお釣りだったら受け取らずに帰ろうかと一瞬頭をよぎるんだけど、アッ違ったここは日本だからおつりは端も全部きっちりもらうんだったって思います(笑)

2008/10/01 (水) 19:09:18 | URL | gellius #7qHiUvjc [ 編集 ]

えぇぇぇ!!旦那さんでもそんなことされるの?イタリアに行ったときいつも面白かったのは、
たとえば、25.8ユーロだったので、50.8ユーロ払うとしますよね。日本だったら、多分、25.0ユーロ帰ってくるわけですよ。でも、なぜか、50.8の0.8ユーロはよけられて、おつりが、24.2ユーロくるわけですよ。しかもそのときに、25.8からカウントして、50.0になるように足し算していた。
いや、、50.8から25.8引き算してくれんのかな?そして、よけられてた0.8???危うくポケットに入れられるとこでした。それ以来細かい計算はさせないように、毎回きっちり出そうと心にきめたのでした!!

2008/10/02 (木) 01:20:03 | URL | haruru #r85ZcU9E [ 編集 ]

コメント取り上げていただいて
ありがとうございます(笑)。
だって本音なんだもんっ(^^;)

と、ローマでもこんなことあるんですね。
私バールでは一度やられたことあります。
まだこちらの生活になれてなくて、
残念ながら帰ってから気づいたんだけど…。
スーパーなどではレジに記録が残るし、
おつり額もレジにしっかり出て、
それを係りも客も見ながらだから
ごまかされることは少ないかな。
メルカートだと顔見知りになると
セントの端数はオマケしてくれたりするけど、
この出来事は逆ですもんね!怒
たとえ1セントでも店員がポケットに入れて
それが許されちゃうのは、
他の大きい犯罪も許されちゃうってことで、
やっぱりモラルの意識だと思うなぁ…。
郵便がちゃんと届かなかったり、
何か抜かれてたりってのも同じですよね。
やっぱり子供の頃からの「何がいけないこと・
なぜいけないことなのか」のしつけと教育が
足りないような気がします。

あれだけの遺産がある国なのに、
先人達が泣いてるぞ!
といいたくなります(笑)。

2008/10/02 (木) 08:27:33 | URL | tosca #7yu2AX4I [ 編集 ]

よくあるよ・・・

うちでもあるよ。こっちでは銀行でもスーパーでも毎日の、月での計算が合わなくても問題なし、だと思う。ポケットにくすねたのは発見したことないけど、逆に大目におつりをもらうケースが多いかな、私は。この場合、要はめんどくさいんだけど。あと、4セント単位で切り下げするスーパーもあるよ。
イタリアに住んで日本に行くと感動・・・大半がそうだけどね、たまに、やりすぎ!?みたいな所でおおらかなイタリアの方がいいかな、って言う所はあるけどね。ま、むかつくことは確実に日本の方が少ないし。
下敷きの件、ダンナ帰ってきたら早速聞いてみよ~。でも文房具屋とかでも見たことないなぁ・・・

2008/10/02 (木) 10:23:53 | URL | くみこ #- [ 編集 ]

ピッコリーナゆかさんへ

私もその日のお昼はパスタ食べました。
カロリー高いなぁなんて思いながら、カルボナーラ(笑)
頑張ってくださ~い!
イタリアから日本にこられた方々って、日本を見て驚くけど、日本からイタリアへ行ってもまた違う驚きがありますよね。
先進国のはずなのに、あれ・・・・なんて場面も(^^;)
ホント、イタリアって悪く言えば大雑把、よく言えばおおらかですよね(笑)

牛乳取りにいって消えた先生って、その日はクラスに戻らなかったってこと??
これ、日本だったら大問題よ。
やっぱりすごいねイタリアって・・・(笑)

日本とイタリアを行き来といっても、年に1回~2回、それも1週間程度の旅行です。もう少し長いイタリア滞在が出来るといいんですが、仕事の関係上そんな長いお休みがとれませんからね。
こういう点では、イタリアの方がいいんですけどね。

来年イタリアへ行かれるんですね。じゃあ、ダンナ様のご家族もコスィモ君に会えるの楽しみにしているでしょうね。


2008/10/03 (金) 09:26:49 | URL | sanae #- [ 編集 ]

keitteyさんへ

マイダさんもやっぱりイタリア行くと色んなことにご立腹ですか。
うちはね、今のイタリアの国の体制や経済などが変わらない限り、イタリアには住めないなぁって・・・。
日本に来る前も、イタリア生活に疲れてましたもん・・・。
1セントぐらいおつりが少なくても、それに対してイチイチ文句を言いにいったりはしませんが、やっぱり「なんで??」って思いますよね。

2008/10/03 (金) 09:28:19 | URL | sanae #- [ 編集 ]

Mezzanaさんへ

なるほど~、そんな背景があったんですね。
問題はイタリアの銀行にあるんですか・・・。
じゃあ、これは一概にモラルの問題だとかとも言えないんですね。
それにしても、おつり用のコインを用意してくれないって、お店側にとっては困りますよね。
どの商品だって、やっぱり細かな端数があるものが殆どだし、いつもお客さんがおつりのないようにお金を出すとも限らないし・・・・。
でも、それでおつり1セント足りないから・・・って済ませてしまえるってやっぱりイタリアですね。
日本だと、レジにおつりがなかったら、ちょっと隣のレジに走っておつり持って来てくれますもんね。
そういうところにお国柄が出てますよね。

>記事に反対するようなコメントになってしまいました 涙 が、裏事情を書かせていただきました♪

こういうコメント大歓迎です。
物の見方って、ある部分から見えててもその反対側って見えにくいじゃないですか。こうした情報をいただけると、また違った見方で物事を見ることができますもんね。
裏情報、どうもありがとうございました。

2008/10/03 (金) 09:30:53 | URL | sanae #- [ 編集 ]

Ricciaさんへ

コメント読ましてもらってたら、イタリアでは皆あるんだね。
高速道路の料金所、確かに後がつかえるって思ったら、焦っちゃうよね。
そんなときおつりを手渡されると、やっぱりビューっとでちゃうよ。
だから、お釣りに間違いないようにって思うんだったら、ピッタリお金を出すしかないんだろうね。

でも、お釣りを少なく間違えることはあっても、決して多く間違えることがないって(爆)
ま、1セントくらい面倒だし、いいかって思っちゃうんだろうね・・・(^^;)

2008/10/03 (金) 09:32:27 | URL | sanae #- [ 編集 ]

Masamiさんへ

丁度のおつりがなくて多く渡されたりって・・・・
やぱりMezzanaさんが書かれているように、銀行側が小銭を用意してくれないってところに問題があるようですね。

だけど、小銭がなくって1セントなら今度でいいよ!なんてイタリアですね(笑)
ホント、おおらかというか、大雑把というか・・・・。
でも、こういうプラスにでるケースっていいですよね。
日本では、お店を閉める前にきちんとレジのお金を計算するじゃないですか。
1円でも違ってたら、大変な日本ではありえないことですよね・・・。

2008/10/03 (金) 09:34:46 | URL | sanae #- [ 編集 ]

gelliusさんへ

え~、最高で5セントもらえなかったの?
5セントは大きいよ。
で、理由がレジに小銭がないからってのが、さすがやね。
日本やと、ひとっ走りして別のレジだったりとからお金持ってきたりするもんね。
そこがイタリアと日本の違いやね~。

>日本に帰ったときにはね、1円や2円くらいのお釣りだったら受け取らずに帰ろうかと一瞬頭をよぎる

うちのダンナも来日当初は、1円や2円はいいですとかっていいそうになってたから、受け取らなきゃお店の方がレジ閉めたときに金額があわないって困っちゃうんだよって説明したことあるわ。
イタリアって最後にレジしめて金額合わすって、しないんだろうか・・・。

2008/10/03 (金) 09:36:54 | URL | sanae #- [ 編集 ]

haruruさんへ

そうそう、イタリアっておつりの計算の仕方が支払った金額に足していくのよね(笑)
私たちの考えだと、0.8ユーロを渡したほうが計算も簡単になるし、お釣りも簡単って思うんだけど、この足してく方法では、余計に頭こんがらがるみたいね。
最近では、だいぶこの引き算形式で払えるようになったけど、昔は不思議だったわ。
でもさ、こないだは最初頑張って暗算してた店員さん、結局わからずに計算機だしてたたいてたけど、そんな難しい計算じゃなかったよ。小2のRYOでも出来る計算・・・・。
イタリア人って引き算が弱いのかなぁ。

2008/10/03 (金) 09:39:16 | URL | sanae #- [ 編集 ]

toscaさんへ

そうそう、うちのダンナが日本でビックリしたことの一つに、レジでお金を支払っておつりを受け取るとき、店員さんがお客さんの前でちゃんとお金を数えて確認してからお釣りを渡してくれるというのに驚いていました。
イタリアでは、無造作にポンってお釣りを渡されますモンね(笑)
だから、日本ではそのままお財布にお金をいれちゃうんですが、その感覚でイタリアでもいると、アレ・・・足りなかったってことも・・・(^^;)
モラルに関しては、イタリアだけのことではありませんが、郵便物が抜かれていたり、公共物や公共の場所を汚しても平気っていうのはやっぱりモラルの問題ですよね。
ホント、イタリアってあれだけの歴史があり、遺跡もあり素晴らしい国なのに、今のこの現状・・・・。
先人たちはきっと悲しんでいるでしょうね。

2008/10/03 (金) 09:41:03 | URL | sanae #- [ 編集 ]

くみこさんへ

やっぱりよくあるんやね。
それだけあるってことは、やっぱり一日の終わりにレジをしめて金額を合わすってことこかもしないんやろうなぁ。
でも、それで計算が合わなくても問題がないっていうのも、問題あるよね。日本やと1円でも違ってるとアカンもんね。
ここに国民性がでてるよね(笑)
確かに日本に住んでても、それはやりすぎやで!!って言いたくなるとこは結構あるよ・・・。いつも思うんやけどさ、日本とイタリアを足して割ったら、ちょうどいい位になりそうじゃない?
っていうと、ダンナは7:3で日本:イタリアぐらいでいいんとちゃうかっていってるけど(笑)

2008/10/03 (金) 09:42:04 | URL | sanae #- [ 編集 ]

まぁこれがイタリアの常識か、と思って気にもしていませんでしたが(笑)、こういう事ってよくありますね。得する事もあれば損する事もあり、ってな感じです。

レジ袋のお金も請求されたりされなかったりで、閉店後お金を合わせるのにイタリアってどうなってるんだろう・・・といつも思います。


1セント硬貨は財布の中にもあまりないです。使うこともないような気が・・・。でも目の前であからさまにレジ係の人のポケットに「自分の1セント」が入ってるの見ると・・・「足りない」と私言ってしまうかもしれません(笑)。旦那様のお怒り・・・分かります。

2008/10/03 (金) 13:58:44 | URL | Acotone #/uE1owWE [ 編集 ]

お互い「1セントないからい~い?」ってこともあり、損も得もするからいいかなで済まされちゃうけど・・でも一言あるのとないのとでは違うよね

しかも悪意があると感じた場合に「足りないよ」って抗議するとちゃんと1セントくれる。実はある、そう、ないわけではないのに!

1セントに限らず、4,90ユーロの買い物に20ユーロで払ってもものすっごく嫌な顔をして溜息までつく人もいるけど、「ないなら両替してきましょうか?」って聞くとすんなりあったりする。
すかさずレジスターを覗き込むとつり銭がいっぱい・・なんなんでしょうねぇ。
計算が苦手だから?(爆

ちょうど書こうかと思ってたんだけど、なんと郵便局で1セントこのあいだごまかされてね。これにはさすがに夫もびっくりしてたわ。

2008/10/04 (土) 15:27:49 | URL | きっこ #- [ 編集 ]

Acotoneさんへ

ホント、イタリアって得することもあれば損することもありですね。
なんかうちのダンナがイタリアの生活に疲れたっていうのもすごくわかります(笑)
イタリア人でさえ疲れたっていうんだから、日本からイタリアへ行くとあまりにも違いすぎてショックなことも多いですよね(爆)
でも、それが全て「イタリアだから・・・」って片付けられるのもある意味すごいなって毎回感心しちゃったりも(笑)
それにしても、レジがこんなにいい加減だと後々困らないんでしょうかねぇ。閉店後にお金を合わせても絶対合わないですよ。
ってか、それをしているのかも疑問ですが・・・・(^^;)

2008/10/07 (火) 09:25:51 | URL | sanae #- [ 編集 ]

きっこさんへ

ホント、小額の買い物でちょっと大きなお金で払うとすごい嫌な顔されるよね。
こっちもさ、お釣り間違われるのもイヤだし、キチンとあればそれで払うけど、ないもんはないんだもん。
日本だと、100円ほどのもの払うのに、1万円札しかなくて、「すいません、大きいのしかなくって」って言って払うけど、「いいですよ」って笑顔でお釣りを渡してくれるよ。

だけど、Mezzanaさんから「銀行がお釣りようの小銭を用意しないから、おつりがない」ってコメントを頂いて、なるほど~そういう背景もあったのか~と思ってたのよね。多分、これも一つの理由なんだろうけど、レジのなかにはつり銭いっぱいなのをみちゃうと、どうもそれだけではないみたいよね。
きっこちゃんの言うように計算苦手だからかな(笑)
言っちゃなんだけど、驚くぐらい計算できない人いるもん・・・(爆)

それにしても、郵便局でまでとは・・・・。
じゃあ、その記事がアップされるの待ってるよ。
きっこちゃんの怒りをブログでぶちまけちゃってちょうだい(笑)

2008/10/07 (火) 09:36:38 | URL | sanae #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

sanae

Author:sanae
初めての海外旅行でイタリアを訪れて以来、イタリアの魅力の虜になった私。
イタリア語を独学→語学学校で習得(?)し、イタリアへの語学留学を夢見つつ、結婚・出産・離婚を経験。
そしてなんの縁あってかイタリア人のダンナ様と子連れで再婚。
現在は日本からイタリア移住に向けての準備中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


日めくり★イタリア

Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

黒ねこ時計 くろック C01

星が見える名言集100

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

売れ筋商品

トラベル

キッチン・雑貨

おすすめ商品(本)

おすすめ商品(イタリア語関連)

フリーエリア

アフィリエイトならリンクシェア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。