スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



12年

12年前の今日は、6434人の方が犠牲になった阪神大震災のおこった日。

あれから12年、きっと様々な思いでこの日を迎えられているでしょう。
私もこの日が来ると、当時のことを考えます。

震災当時、私は二十歳。
ちょうど成人式を終えた直後のこと。
お正月から母と二人でトルコ旅行に出ていた私。
トルコからの帰り、飛行機のエンジントラブル等で帰国が1日送れ、トルコから帰ってきたのは、成人式の前日。
そして、成人式に出席し、新たな気持ちで新学期初日の授業に行こうとしていた日でした。

母は、あの時間すでに起きていて、私のお弁当と朝食の仕度をしていました。
そして、最初に揺れを感じた瞬間にガスを止めに行こうとしたときに大きな揺れがきて、冷蔵庫の下に挟まれてしまいました。
幸い、洗濯機が近くにあり、冷蔵庫は洗濯機の上に倒れ掛かったので、隙間が出来、冷蔵庫の下敷きになることはなかったのですが・・・。
だけど、この冷蔵庫がまた不幸中の幸いで、袋戸棚から飛び出した土鍋等が母の上に落ちるのを防いでくれたため、少し掠り傷を負った程度でした。

その頃、私は2階の部屋でまだベッドの中。
最初に揺れを感じた瞬間に、いつもとは違うと瞬間的に分かりました。
すぐに頭から布団をかぶり、あの揺れがおさまるのを待ちました。
ほんの数秒の揺れ、だけどとても長く感じました。ただただ、本当に怖くて・・・。

揺れがおさまると、まず隣の部屋に寝ていた弟の無事を確認し、二人で下へ降りていくと、台所の食器棚、冷蔵庫、全ての家具が倒れていて、飛び散った食器等で足の踏み場がない。

怪我をしてはいけないと、まず靴を履いた私達。
そして、倒れて玄関口を塞いでいた家具を踏み、外へ出ようとしていると、外から「大丈夫か???出てこれるか?玄関壊して入ろうか?」という近所の人の声。
でも、ここは冷静に玄関壊して入られても、後々困るし、「大丈夫、出れます~」と返事をし、何とか家の外へ脱出。

まだ辺りは暗く、どれほどの被害があったのかも分からない常態。
そして、徐々に夜が明けていくにつれ、周囲の状況が目に入ってきました。
まず、裏の2階建てアパートがぺしゃんこに潰れていました。
そして、道路はあちこち隆起し、すぐ近くの高速道路が落ちていました。
次々と明らかになってくる現状に、ただただ驚くだけ。
だけど、まだこの時点で、あれほどの被害が出ていたとは全く想像もしていませんでした。

そして、お昼過ぎ、やっとテレビを見ることが出来、報道されている被害の大きさを知り、またもやビックリ。

夜は、また余震が来たら恐かったので、家族4人車の中で一晩を過ごしました。
それでも、やはり安心してぐっすり眠ることなんてできませんでした。

それからの1ヶ月は、水・ガスのない生活。
水は、近くの学校に給水車が来るので、容器をもってもらいに行く。
ガスは、ガスボンベを購入したり、母の会社から支給されたり。
このときほど、ライフラインの大切さを感じたことはありません。

当時通っていた専門学校は、神戸の三宮。もちろん、授業なんて出来るはずもなく、休校。
だけど、まだ卒業試験が残っていました。それを受けるために、大阪まで行きました。
そこで、友達と二人、

“お~、トイレの水が流れてる~!!!!”

と、声を上げて、感動してしまいました。
普段では、トイレで水を流す行為も当たり前のことなんですが、水がなかったため、汲んできた水をタンクの中に入れて流すということをしていました。

今では、街も復興され、人々の記憶から薄れていっているかもしれません。
だけど、この体験を忘れないように、子供にも伝えていこうと思います。

そして、今また大震災が来るといわれています。
何時どんなことがおこるかも分かりません。
皆さんも身の回り、防災グッズ等もう一度見直してみてください。

最後に、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りします。


スポンサーサイト

2007.01.17 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々のこと



コメント

幸い

私は東京で大学生活をしていて、体験はしていないんですが、
朝一の報道が神戸で死者も数人?っだったので
大学へ行き、バイトへ行き・・・バイト先で、“アンタ!実家は大丈夫なん!?”とその後の状況を聞き、新宿駅の公衆電話で半泣きになりながら電話したことを覚えています。実家にはつながらず、おばあちゃん家とがやっとつながり、家族の無事は確認しましたが・・・その何ともいえない気持ちは今でも鮮明に覚えていますよ。父がタクシー運転手で、ちょうそ阪神高速の下走ってたり・・・運がよかったなぁ、と本当に思います・・・

2007/01/19 (金) 18:52:38 | URL | くみこ #- [ 編集 ]

12年ですか・・・

早いですね。私の親戚の家も家が崩壊して大変だった記憶があります・・・。また災害が起きないことを祈りますが、過去の事を忘れないようにしたいですよね。

2007/01/22 (月) 06:47:37 | URL | aki #Zro8.eHg [ 編集 ]

くみこさんへ

そうですよね、くみこさんのように離れた場所であの状況も辛かったですよね。
現地の状況がひどいうえに連絡もなかなかとれないし・・・。
でも皆さん無事でよかったですね。
だけどもう二度とあんな思いはしたくないですね。

2007/01/22 (月) 09:16:09 | URL | Sanae #- [ 編集 ]

akiさんへ

ホント、時が過ぎるのはあっという間で、12年と聞くとすごく昔のことだったように思いますよね。
だけど、あの震災を知らない子供達にも、当時のことを語り継ぎながら、あのときの経験を役に立てていけるようにしていきたいですね。
出来れば、もう二度とあんな経験はしたくはないですが・・・。

2007/01/23 (火) 08:21:13 | URL | sanae #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

sanae

Author:sanae
初めての海外旅行でイタリアを訪れて以来、イタリアの魅力の虜になった私。
イタリア語を独学→語学学校で習得(?)し、イタリアへの語学留学を夢見つつ、結婚・出産・離婚を経験。
そしてなんの縁あってかイタリア人のダンナ様と子連れで再婚。
現在は日本からイタリア移住に向けての準備中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


日めくり★イタリア

Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

黒ねこ時計 くろック C01

星が見える名言集100

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

売れ筋商品

トラベル

キッチン・雑貨

おすすめ商品(本)

おすすめ商品(イタリア語関連)

フリーエリア

アフィリエイトならリンクシェア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。