スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



VILLA D’ESTE DI NOTTE

気が付けば3月も残りわずか・・・。
そろそろ夏のイタリア行きの予定を考えないと・・・と話している今日この頃。
今年は、マンマや義兄ファミリーとヴェネツィアまで2~3日の小旅行をしてもいいかなぁと計画中。
楽しみだな♪

でも、その前にまだ書き終えていない去年の旅行記もアップしなければ!!

夏のローマ、チェントロは観光客で賑やかですが、イタリア人の多くはヴァカンスに出かけ、街は閑散としています。
普段だったら、渋滞している道もスイスイと通れるので、目的地までの時間は短縮できます。
ただ、閉まっているお店も多く、お目当てのお店も私達の滞在中はずっと休業中というところたくさんあるんですよね・・・

だけど、夏にしか見れない期間限定なものもあるんですよ。

その一つが

夜のヴィラ・デステ(エステ家の別荘)です。

ティヴォリにあるヴィラ・デステは、夏の期間(7月~9月)の金曜日と土曜日の晩だけ、夜も公開されているんです。
昼間にみても美しい庭園なんですが、夜は昼間とはまた違った趣があります。
数年前に訪れた時は、夏の日差しの強い時間帯に訪れたんですが、今回は義兄ファミリーもまだ夜の庭園は見たことがないというので、皆でお出かけてきました。

夜のヴィラ・デステは、20:30-24:00。
19時30分にマンマと待ち合わせして、まずお気に入りのPizza al taglio(切り売りピッツァ)を食べて腹ごなし。
その後、ティヴォリまで車で約30分。
到着したのは21時30分頃だったかなぁ。

車をとめてすぐにヴィラ・デステに行くと思いきや、

まずはBARでコーヒータイム

そこで偶然、義兄の旧友に会い、長々続くお喋り。
いくらイタリアの夜は長いといっても、そろそろ行かないとゆっくりと庭園をまわる時間がなくなっちゃうから・・・と重い腰を上げて、やっとこさヴィラ・デステへ。

    CIMG0966.jpg

夜のヴィラ・デステは、噴水がライトに照らされて、水と光の幻想的な世界が広がっています。

    CIMG0967.jpg

    CIMG0972.jpg

    CIMG0976.jpg
    CIMG0984.jpg

    CIMG1016.jpg

    CIMG0973.jpg

    CIMG1027.jpg

昼間の庭園も本当に素晴らしいんですが、夜はまた全く違った雰囲気で、私はこのライトアップされた庭園の方がお気に入り。
カップルで訪れるにもロマンティックですよね~。
(昼間のヴィラ・デステはコチラ(←をクリック)からご覧いただけます。)

ローマに滞在される際は、是非ティヴォリまで足を伸ばしてみてください。
できれば、昼と夜と違った世界を味わっていただきたいな。

そうそう、閉館間際になると職員の方が、「もう閉館時間だから出て行ってくれ」と、庭園内をまわってくるんですが、その早く追い出したい感がスゴイ!!
出入り口横のトイレにも来て、早く出るように促すぐらいだから・・・。

なんでそこまで早く追い出したいんだろうか・・・と思ってたんですが、

閉館と同時に職員も一緒に全員でて、本当に閉めちゃうから

でした(笑)

私たちが一番最後のお客だったんですが、職員の人たちも一緒にでて、

ガチャン

と重たい門を閉め、カギをかけてました。

これでもし、職員さんも気付かないところに誰か残っていたら、その人は朝まで閉ざされた門の中・・・。
庭園内って、ライトアップされた噴水の傍は明るいんですが、暗いところも多いんですよね。
今まで一度もそういうことなかったんだろうか・・・と気になるところです。

スポンサーサイト

2013.03.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イタリア滞在記 ~2012 夏~



ローマ~ピサ日帰りの旅 <観光編②>

先日、小学校で今悩んでいること等を書く時間があったそうなんですが、

うちの息子、

先生、ボク悩みないんですけど・・・。

と答えたそうな・・・(^^;)
さすが我が息子。母子そろって能天気だわ(笑)

すると先生、

えっ??
何もないの??


と聞き返す先生に、

はい。

と答える息子。そんな息子に

そうか、君は幸せやなぁ。

と仰ったんだとか。つづけて、

そういえば、個人懇談の時にお母さんにお子さんのことで悩みとか問題とかありませんか??って聞いたら、君のお母さんも「何もないです」って言っとったけ・・・。


と言われたんだとか

それを聞いて思わず笑っちゃいましたが、うちってどんだけ幸せな家庭なんやろうって思ってはるかもしれませんね

さて、長いことブログ放置してて、ピサ観光の記事も書きかけのままになってましたよね
ということで、忘れてしまわないうちに書いてしまいます!!
(って、既に記憶が薄れつつ、うろ覚えなんですけど・・・)


続きを読む

2013.03.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イタリア滞在記 ~2012 夏~



ローマ~ピサ日帰りの旅 <観光編①>

ピサ中央駅に到着した私たちですが、さて、どっちに行けばいいのやら、右も左も分かりません。

だって、ガイドブックどころか地図すら持ってなかったんですから

急に思い立って行った訳じゃないのにね・・・。

日本を出発する前、“今更イタリアのガイドブックはいらないし、ピサの情報だけ調べてプリントアウトして持って行ったらいいよね・・・”といってたのに、す~っかり忘れてました。
思い出したのはローマに着いてから(汗)

それでもまだパパの兄宅でもプリントアウトさしてもらえるかなって思ってたんですが、兄宅のプリンターが壊れててそれも出来ず。
さらに、マンマが以前ピサに行った時に購入した本があるからと出してくれていたんですが、それもローマの家に置いてきちゃいましたf^_^;)

ということで、いつもの通り行き当たりばったりの旅となりました。

さて駅からどうやってピサの斜塔まで行くか・・・

とりあえず、「腹が減っては戦(?)は出来ぬ」ということで駅前のBarで腹ごしらえ。

確か駅からバスが出ていたはずなんだけど、歩いても20~25分ぐらいと書いてあったよね・・・。

と私がいうと、

斜塔見学の予約時間まで、まだ時間も十分にあるし、街の散策をしながら歩いて行こう!!

とパパ。
結局、地図もないのに徒歩でピサの斜塔まで向かうことになりました。

駅をでて真っ直ぐに進むとまずヴィットリオ・エマヌエーレⅡ広場に出てきました。
CIMG0911.jpg

CIMG0910_20121217151337.jpg

その広場を横切って進むとコルソ イタリアの入り口です。
ここはメインストリートになっていて歩行者と自転車のための空間となっています。
CIMG0912_20121217150050.jpg
お店が沢山立ち並び、時間があればウィンドウショッピングを楽しみたいところです。

このコルソ イタリアを真っ直ぐに進んでいくと、アルノ川に到着。

CIMG0949.jpg

CIMG0947.jpg

CIMG0948.jpg

そして、メッツォ橋を越えたところで、ピサの地図を発見。
どうやら間違ってなかったみたい。

そのままさらにボルゴ ストレットを真っ直ぐ進んでいきます。

CIMG0952.jpg

CIMG0945_20121217150050.jpg

CIMG0946_20121217150116.jpg

素敵な雰囲気の街並みは、やっぱり歩かない味わえませんよね。

でも、結構あるいたと思うんですが、一行に辿り着く様子もなく、ちょっと不安になりながらも道なりに真っ直ぐに進んでいくと、ついに斜塔への標識発見
この道で間違ってなかったんだと確信出来れば、もう安心。
その標識に従い道を進んでいくと
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・  
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・

ついに目の前に出てきました~!!

CIMG0944_20121217150050.jpg

2012.12.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イタリア滞在記 ~2012 夏~



ローマ~ピサ日帰りの旅 <列車編>

イタリア滞在中はずっとレンタカーを借りていたのですが、1日だけ車をおいて列車で日帰りピサ旅行に行ってきました。

行きは、ローマからフレッチャビアンカにのって乗り換えなしでピサまで一直線。

実は私達、ローマからピサへ行くにはフィレンツェを経由して行かなければいけないと思っていたんです。
でも、trenitaliaのサイトから列車の時間の検索と予約をしようと見ていたら

Roma Termini ~ Pisa Centrale  02:32  FRECCIABIANCA  
   06:57       09:29


というのがあるじゃないですか。

私もパパも「フレッチャロッサ」しか知らなかったなので「フレッチャビアンカ」って何??と調べて見ると、

ローマを出発してチヴィタヴェッキア、グロッセート、リヴォルノというティレニア海に面した街々を通る列車でした。


内陸部を通るフレッチャロッサとはまた違った景色を楽しむこともできるし、なにより乗り換えなし!!
ということで、行きは「フレッチャビアンカ」でピサまで行くことに決定しました。

ローマを出発してピサまでの約2時間半、フレッチャロッサからの車窓とはまた違うティレニア海の景色を見ながらの列車の旅。
車内もキレイだし、クーラーも効いていて快適な列車の旅でした。

   CIMG0898_20121211143151.jpg

   CIMG0903_20121211143153.jpg

   CIMG0905_20121211142815.jpg

   CIMG0906.jpg

   CIMG0908_20121211142814.jpg

   CIMG0909_20121211142814.jpg

ピサを観光した後は、フィレンツェ経由でお友達のところによって、ローマへと戻ったんですが、そのピサ~フィレンツェ間の列車の中は、まさかのサウナ状態

8月の暑い暑い日だったんですが、車内は冷房なし・・・・。
一応窓は開いていたのですが、風もなく、長いトンネル内では汚れた生ぬるい風ともの凄い騒音で、ただただ我慢の1時間。

これにはパパもビックリ・・・

この暑さの中、いまだに冷房なしの列車なんてあるのか??
信じられない。


とイタリア鉄道に対して怒るパパ。
もうイタリアを離れて7年、快適な日本に慣れすぎてますからね~。

でも、その中でも我が息子、ピサを出発して間もなく寝てしまい、そのままフィレンツェ到着までぐっすりでした。
子どもってどんな環境でも寝れるんだなぁと思わず感心した私とパパでした(笑)

フィレンツェからローマまでは「フレッチャロッサ」だったので快適だったのは言うまでもありません。

だけどパパ、ローマに戻ってからも義兄や従兄弟、友達みんなにピサからの列車の文句を言っていたので、よほどショックだったんでしょうね(笑)

2012.12.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | イタリア滞在記 ~2012 夏~



ローマで遊ぶ

2学期も残すところ後2週間となり、もうすぐ子ども達の楽しみにしている冬休み。

が、その前に忘れちゃいけないのが個人懇談。

息子の懇談も先週末にあったので、仕事のあと学校へと行ってきました。
言われることはなんとなく想像していましたが、やっぱりいつもと同じで

勉強 : この調子で頑張ってください。
生活態度 : 真面目できちっとしているし、自分から進んで色々やってくれています。
友達との関係も誰に対しても優しいので全く問題なく、反対に優しすぎるので、こっちがかえって心配になることも・・・


と、全く問題なしの

何かお家での変化等気になる点はありますか??

と聞かれるも、何もないので

何もありません

と答えると

素晴らしいですね
小6の男の子のお母さんで、この時期何もないってなかなかないですよ!!

と言われました。
夏にも同じことを聞かれ、同じことを言われましたが、先生に相談しなきゃいけないようなことや変化ってほ~んと何にもないんですもん。
でも「この時期なにもないって本当に珍しいんですよ」なんて言われると、“私が息子に対して無関心すぎるのか??”なんて思っちゃったりもしますが、うちの息子が素直に育ってくれてるってことですよね。

この間も、学校から家庭科で縫ったエプロンを持って帰って来たんですが、自慢げにそれをつけては、夕飯作りを手伝ってくれましたからね

って、息子自慢はこの辺にしておきます(笑)。


続きを読む

2012.12.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イタリア滞在記 ~2012 夏~



やっぱりアリタリア?

土曜日は、息子の通う小学校の音楽会でした。

1年生から6年生、みんないっぱい練習したんでしょうね。
どの学年も凄く上手でした
特に5、6年生の子ども達は、学年全体で合唱、そしてクラス毎に様々な楽器を使って合奏をするのですが、これがかなり難しい曲ばかりなのに上手に仕上げていて、ビックリ

我が息子も普段演奏することのないアコーディオンを演奏していました。
実は、最初に“アコーディオンを弾く”って聞いた時は本当に大丈夫なんだろうか?ってかなり心配だったんですよ。
でも、毎日頑張って練習した成果があり、堂々とアコーディオンを演奏する姿を見たときは本当に感動しちゃいました。(って、親ばかですね(笑))

2年に一度の音楽会、こういうところで子どもたちの成長を感じるとともに凄く感動させられますね。

そして私もPTAコーラスの一員としてコーラスと合奏に参加してきました。
フルタイムの仕事をしているため2回しか練習に参加できず、ほぼぶっつけ本番でしたが、大きなミスもなく(?)無事終わり、ほ~っと一息。
(因みに私もアコーディオン担当だったんで、母子そろってアコーディオン♪息子から色々とアドヴァイスもらいました)
演奏後、たくさんのお母さんや先生方から「すごく良かったよ~!!」というお言葉もいただきましたよ


さて、前置きが長くなっちゃいましたが、今更ながら夏のイタリア旅行記を・・・f^_^;)


続きを読む

2012.11.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イタリア滞在記 ~2012 夏~



«  | ホーム |  »

プロフィール

sanae

Author:sanae
初めての海外旅行でイタリアを訪れて以来、イタリアの魅力の虜になった私。
イタリア語を独学→語学学校で習得(?)し、イタリアへの語学留学を夢見つつ、結婚・出産・離婚を経験。
そしてなんの縁あってかイタリア人のダンナ様と子連れで再婚。
現在は日本からイタリア移住に向けての準備中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


日めくり★イタリア

Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

黒ねこ時計 くろック C01

星が見える名言集100

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

売れ筋商品

トラベル

キッチン・雑貨

おすすめ商品(本)

おすすめ商品(イタリア語関連)

フリーエリア

アフィリエイトならリンクシェア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。