スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



引っ越します

日本からローマへと引っ越してきて、約5ヶ月が経ちました。

以前から、イタリアへの引越しを機にブログも引越ししようと思ってはいたのですが、バタバタとしていてなかなかじっくりとPCの前に落ち着くこともできませんでしたが、やっと手続きもほぼ終わり、息子もアッシジへと行き、ゆっくりとする時間も出てきました。

ということで、ブログを引越しすることにしました。

新ブログは、Occhioni a mandorla ~in ローマ~

今後とも宜しくお願いします。

スポンサーサイト

2016.09.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のこと



ローマに戻ってきました。

1週間のヴァカンツァからローマに戻ってきました。

今日は朝から1週間分の洗濯と掃除。
ヴァカンツァで楽しんだ後のこの洗濯とお掃除が面倒なんですよね~。
これで一気に現実に引き戻されちゃうんですよね。

出発前の天気予報では雨の予報も出ていたのですが、旅行中は雨に降られることなくずっといいお天気でした。

また旅行記をボチボチとアップしていきますね。

2016.09.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イタリア生活



しばしのお別れ

今日から息子の学校&アカデミーのプログラムが始まります。

ということで、息子は12月のナターレまでアッシジです。

前回は6週間でしたが、今回は3ヶ月。
そして、年が明けると次は1月から6月まで。

きっと成長して帰ってくるんだろうな。

朝、息子をアッシジまで送り届け、そのまま夫と私は遅めのヴァカンツァに出発!!

チンクエテッレに行った後、ミラノまで足を伸ばし夫の従姉妹の結婚式に参列してきます。

ということで、次回は結婚式から帰ってきてからの更新となります。

頂いているコメントへのお返事は、帰ってきてからさせていただきますね。

2016.09.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | イタリア生活



イタリアの病院での支払いは?

イタリアに来て5ヶ月。

あまり嬉しいことではありませんが、既に

私 :ホームドクター & pronto soccorso (救急病院)
息子:dentista (歯医者)


のお世話になりました。
出来れば病院とは縁がない方がいいんですけどね

イタリアではtessera sanitaria(健康保険証)を持っているとホームドクターでの診察は無料です。

ですが、私が受診した時はまだ「住民登録が出来ていない=保険証がない時期」だったのです。

こちらに来て2か月経った頃、腹痛に襲われのですが、以前虫垂炎を患い点滴で散らして治療したことがあったんです。
もしかしたら、その再発の可能性もあるかもと、とりあえず夫の主治医に診察してもらいに行ったんですよね。

事情を話すと、”まだ保険証はなくても未来の私の患者さんなら大丈夫だよ“ということで、無料で診てくれました。
ここらへんがイタリア的ないいところ(笑)

そして、ホームドクターにpronto soccorsoに行くように勧められ、pronto soccorsoへと行ったのです。
pronto soccorsoは保険証の有無関係なく無料ということで、一泊入院したのに費用は無料でした。

だけど、その時まだpronto soccorsoが無料で診察してくれるなんて知らなかったので、帰っていいよと言われても、夫もいなくてどうすればいいのか分からず、看護士さんに“帰っていいってok出たけど、どうすればいいの?”聞いちゃいましたもん。
そこで、支払いがないと初めて知りました。
それでも、ホンマにお金払わんでも大丈夫なん?って夫が迎えに来るまではドキドキしてました

さて、歯医者も公立の歯科医にかかると安い治療費で診てくれるそうなのですが、診てもらうまでに時間がかかるとか、イマイチ腕がよくないということで、プライベートの歯医者さんを受診する人が多いようです。

息子のかかった歯科医も然り。

だって、学校が始まるまで2週間。
悠長に待ってられないし、信頼出来るところが一番です。

まず、最初に行った歯医者さん。
歯のレントゲンをとって、取れた歯の部分を診てもらい、治療方法の相談。
診察後いくらか聞いたのですが、お金はいいですって結局無料でした・・・。

そして、今回治療をしてもらった歯医者。

こちらではレントゲンを撮った後、診察して治療方法を説明。
それで最初にいくらかかかるのかを見積書を出してくれました。

そして、治療の工程が終わったところでお支払い。
(って、他の歯医者がどうなのかは分かりません)

なんですが、

支払いをすると先生が手書きで見積書に“受領 ×××ユーロ ◯◯/△△/2016”と書き込み(笑)



イタリアの支払いってこんなんなの??

とイマイチまだイタリアのことがわかっていない私。

色んなことが日本とは違います。

2016.09.16 | | コメント(8) | トラックバック(0) | イタリア生活



vigiliが来た!!

コムーネで住民登録の手続きをすると、後日それを確認するためにvigiliが家に訪問します。

しかし、“いつ行きます”というのはないので、いつ来るか分からないvigiliを待たなければなりません。

それが1週間後なのか、3週間後なのかも分かりません。
だから、vigiliの訪問があるまでなんだか落ち着かないんですよね。

だって、ちょっと買い物に出ている隙に来るかもしれないですからね。

でも、いつも仕事の遅いイタリア(笑)失礼
1週間以内にはまず来ないだろうと思っていた私。

しかし、私の予想を大きく裏切り、手続きからちょうど一週間となる昨日、vigiliが我が家にやってきました。

まさかこんなに早く来るなんて思ってませんでした!!

vigiliが来たのは昨日の夕方。
ブザーが鳴り応答すると、

住民登録の件で来たから書類を持って下に降りてきてくれる?

と・・・

書類と言われても何が必要なのかわからないのでパスポート、滞在許可証、あとアパートメントの賃貸契約や夫の身分証もいるかもと住民登録の際に必要だった書類一式をもってエントランスまで降りていくと、不機嫌そうな一人の女性警官が立っていました。

挨拶し、私と息子のパスポートと滞在許可証にさっと目を通し、家の間取り等のちょっとした質問をすると、これでおしまいと言って帰っていきました。

結局他の書類は一切見ず。

さあ、これで正式に住民登録されたので、 carta d'identità という身分証が作れます。

イタリアに来て5ヶ月。
これでほぼ完了です。
きっと息子の学校や日本に1ヶ月帰ったりというのがなければ、もう少し早く終わってたのかな。

2016.09.15 | | コメント(4) | トラックバック(0) | イタリア手続き関係



今更ながらに語学力の無さを再確認

昨日、歯医者(前回の続きです)に行ってきました。

元々の予約時間よりも早い時間に空きができたからと電話が入り、息子と二人で歯医者へ行くことになりました。

ある程度のイタリア語は分かるけど、病院関係って夫がいないとイマイチ不安なんですけどね。

歯医者につき、診察室に入ると前回診てくれた先生Aともう一人別の先生Bがいました。

どうやらその先生Bが治療担当のようです。で、説明は前回診てくれた先生Aがするという感じ。

さて、治療が始まり私は部屋の片隅で待機。

もし息子がイタリア語が分からないときに通訳するためなのですが、息子の歯の型をとっているとき、ふいに先生Bから話しかけられたのです。

が、さっぱり分からず・・・。

えっ、全くわからん

困った顔をしている私にゆっくり

You~

と話してくれ、そこで彼が英語で話しかけていたことが判明!!

イタリア語やとばかり思ってたので、まさかの不意討ち。
ホンマ分からんかった

よく外国人の夫と一緒にいると英語が話せると勘違いをされるのですが、私は全く話せません。
もうね、英語を聞くと脳が拒絶反応を示すようで、自動的にブロックしてしまうんです。
息子にもバカにされるくらい本当に私の英語力は酷いんです。

なので、


私、英語分からないんです


とイタリア語でいうと、先生Aが


彼女はイタリア語話せるよ


とすかさずフォロー(苦笑)

いえね、先生Bは私が日本のどの街からきたのか聞きたかったんですよf(^_^;
って、この程度の英語もわからんかった私。かなりヤバイです(;゜∇゜)

というのも、先生Bは日本を旅行したことがあり、東京、京都、姫路城、広島を見てまわったんだと話してくれました。

さて、途中お喋りしながらも手際よくその日の措置が終了。

仮の歯が入るのかと思ていたんですが、次回歯を入れるために残っていた歯の根元部分を少し削り、金属を入れられるように穴を開けて終わりました。
そして、次回やっと歯が入ります。

一応昨日の段階で仮の歯を入れることは出来たらしいんだけど、その状態だと弱いらしくすぐに壊れてしまう可能性があるんだとか。
キチンと金具を入れてからの方がいいし、リスクを犯したくないから今回は歯は入れないよ

とのことでした。
なので、息子はあと1日我慢です。

さて、次回も夫が仕事に行ってる時間帯の予約。

私のイタリア語力で大丈夫だろうかと一抹の不安はあるのだけど、まあなんとかなるのかな。
最悪分からんかったら夫に電話すればいいしね。

それにしても私の英語力のなさには本当に驚いたもので、今や簡単な会話すら出来なくなっている・・・。
治療されていた息子に、あれくらいならオレわかったのに・・・とまで呆れられてしまったのでした。

2016.09.14 | | コメント(2) | トラックバック(0) | イタリア生活



めげずに挑戦するおばあさん

朝晩は大分涼しくなってきたローマ。
お昼間はまだ半袖でないと暑いですが、朝は長袖でもいいくらいです。
日が暮れるのも早くなってきたし、もう夏もそろそろ終りですね。

さて、先日ASL(Azienda Sanitaria Locale) という地域の保健所に主治医の登録と保険証の手続きに行った時のこと。

ASLに着くと、まず自分のしたい手続きの番号札をとります。

そして、窓口の上に番号が表示されるので、椅子に座って自分の順番がくるのを待ちます。

私たちの番号はA49

まだ前に28人もの人が待っていたのですが、途中いない人も結構いて次々と番号が呼ばれていきました。

その時、ある一人のおばあさんが番号札を持って窓口に行ったのですが、

なんとそのおばあさんの持っていた番号札はA74

おばあさん、

いない人の代わりに先に私をしてちょうだい

と窓口で言っていたのです。

が、窓口の人も“はい、どうぞ”と言うわけもなく、

まだあなたの番号じゃないわよ。
上に番号が表示されるまでまっててください。


と受け付けず。
言われたおばあさんは渋々引き下がっていました。


が・・・


また次の番号が隣の窓口に表示され、呼ばれた番号の人が不在とわかると再び窓口へといくおばあさん。

ここでも

あなたの番号じゃないですよ

と言われると、

あら、間違っちゃった?!

と白々しくとぼける・・・・(; ̄ー ̄A

そして、隙あらばいつでも窓口に行けるよう、窓口の前から離れない(笑)。

そんなおばあさんの様子を眺めつつ順番を待っていると、私たちの前のA48の番号が表示されました。

でも、その番号の持ち主は不在だったようで窓口にはA48の人は来ず。
その代わりに窓口へと向かったのは、またしてもあのおばあさん(苦笑)

見ているこちらもいい加減呆れるというか感心してしまう。

しつこいおばあさんにいい加減窓口の人も頭にきたようで怒鳴っていました。やれやれ

私たちは自分の手続きを終えるとASLを出たので、その後のおばあさんの様子は分かりませんが、また懲りずに挑戦したのでしょうか。

2016.09.13 | | コメント(2) | トラックバック(0) | イタリア生活



初のイタリア歯医者②

歯が取れて1週間、未だ歯抜け状態の息子。

前歯がないと、やはり食べにくそう・・・

さて、歯医者から帰った後、どうしたものかと相談したのですが、どうもあの歯医者を頼りなく感じた私と夫。

だって、

②(とりあえずの処置として歯をくっつける処置)を選択する場合、困難な治療になるため夕方だとドクターは疲れててその処置が出来ない。
だから、午後一番での受診にしてください


と言われたんです。

それを聞いたとき、えっ?!と思った私。

だって、折れた歯をチョロっと付けるだけでしょ?
それが困難な処置なワケ??

一瞬私のイタリア語の理解が間違ってるのかと思ったのですが、家に戻って夫に確認したら、やっぱり間違ってなかった

果たしてそんな歯医者に任せて大丈夫なのだろうかという不安を抱いた訳です。

そこで翌日、夫がネットで自宅近くにいい歯医者がないか調べてくれました。

すると一件、受診した人が皆良かったという評価をしている歯医者さんを発見。

電話して状況を説明すると、どのような処置が出来るか見せてくださいとその日の晩に診てくれることに。

息子の歯の状態を見ると、その取れてしまった歯はもう付けることは出来ないがどうすればいいかとテキパキと説明してくれる。

とりあえず、アッシジへ出発するまでに仮歯を入れて、同時に永久的な差し歯(素材はジルコニアクラウン)を12月に帰ってきたときにすぐに入れられるように準備しておいて、帰ってきたらそれを入れるようにしよう

と、今一番いい方法を提案してくれました。

そしてすぐさま処置開始。

その日の予約時間19時40分。
そして次回の予約も19時40分。
(夫が仕事から帰宅する時間に合わせてくれてます)

最初の先生と違って、疲れる作業だから午後一番の受診をなんて言いません。

えらい違いです。

ということで、自宅近くの歯医者さんで治療してもらうことに決定!!

信頼出来そうな歯医者さんが見つかって良かった。

だけど、これらの治療にかかる費用950ユーロ。

痛い出費です

まあ、歯は一生ものだし、遅かれ早かれキチンとした差し歯を入れなきゃいけなかったから仕方ない。

とりあえず、アカデミーのプログラムが始まる前で良かったということにしておきましょう。

2016.09.12 | | コメント(4) | トラックバック(0) | イタリア生活



初のイタリア歯医者①

イタリアはまだ現在夏休み中。
来週からボチボチと新学期が開始します。

うちの息子も学校は13日から始まるのですが、アカデミーのプログラムが始まるのが19日なので、それに合わせて学校も開始。

と、そんな新学期を数日に控えた日曜日


夕飯を食べていると


あっ、歯取れた・・・


と息子。

小学生の頃、サッカーの試合中に折れてしまった前歯がぽろっと取れてしまいました。
当時はまだ小さかったため差し歯にすることが出来ないと言われ、折れた歯をそのまま接着剤のようなものでくっつけて処置してもらったのですが、それが取れてしまったんです。

あわてて義兄に紹介してもらった歯医者に行ってみたんですが


イタリアの技術じゃ日本みたいにくっつかないよ。


と言われてしまいました


くっつけたところで、せいぜいもって2~3日。


って、そんなんアカンやん


イ、イタリアの歯科技術ってやっぱり日本と違うの??


ドクター曰く、キチンとした差し歯を作って入れなければいけない ということなんだけど、それをするにも最低でも3週間はかかるらしい。

でも、学校はあと10日で始まってしまう。

とりあえず、本人がイヤじゃなければ12月まで窓が空いた状態でも大丈夫だけど・・・

って。

ということで、選択肢は3つ。

①窓空き状態で12月のクリスマス休暇をまって永久的な歯をいれる。

②とりあえず応急措置をしてもらい、12月のクリスマス休暇に永久的な歯をいれる。ただ、すぐにとれる可能性大(汗)

③すぐにでも永久的な歯を入れてもらうよう治療してもらい、アッシジへの出発をのばし、プログラムに遅れて参加する。

とりあえず、家に帰って相談しますと歯医者を後にしました。

さて、どうしたものか。

その②に続く。

2016.09.10 | | コメント(2) | トラックバック(0) | イタリア生活



3度目の正直

昨日、コムーネに住民登録の手続きに行ってきました。

実は今回で3度目!!

1度目はヤル気のないオバサンで、窓口に行くなり、開口第一声が

ここに何しにきたの??

すぐさま、今日は手続き出来ないなと分かった私たちの期待を裏切らず、手続き出来ずに終了。

2回目は、親切な職員さんだったんですが

パスポートに出生地が書いてない

注)日本のパスポートは本籍地であって出生地ではない。

ということで、手続き出来ず。

3度目となる今回は、日本に一時帰省した際にとってきた戸籍謄本を在イタリア日本大使館にて翻訳してもらったものを持って再度行ってきました。

そして、3度目にしてやっと手続き出来ました。

今回手続きしてくれたシニョーラはとても親切な人で、

中国人は多いけど、日本人て珍しいわ。
9年間のあいだで私が担当した日本人はあなたで二人目よ!!

と、テキパキと手続きしてくれました。

いや~、やっと住民登録出来たわ。

滞在許可証が一番厄介だと思っていましたが、こっちの方が面倒だったとは・・・

これで後日 vigili が訪問に来て終了となります。

結局、住民登録に4ヶ月かかりました。
って、間に1ヶ月日本に帰ってたってのもあるんですけどね。

早速、ASL に行き主治医の登録をして tessera sanitaria の手続きも完了。
tessera sanitaria は後日郵送してくれます。

vigili の訪問が終わって正式に住民登録がされれば Carta d'identità も作れるんだけど、ひとまず済ませなきゃいけない手続きは完了でホッと一息。

まあ、まだ結婚証明の出生地の問題が残ってますが、そちらは急ぎではないのでボチボチしていくつもりです。

2016.09.08 | | コメント(8) | トラックバック(0) | イタリア手続き関係



«  | ホーム |  »

プロフィール

sanae

Author:sanae
初めての海外旅行でイタリアを訪れて以来、イタリアの魅力の虜になった私。
イタリア語を独学→語学学校で習得(?)し、イタリアへの語学留学を夢見つつ、結婚・出産・離婚を経験。
そしてなんの縁あってかイタリア人のダンナ様と子連れで再婚。
現在は日本からイタリア移住に向けての準備中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2016年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


日めくり★イタリア

Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

黒ねこ時計 くろック C01

星が見える名言集100

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

売れ筋商品

トラベル

キッチン・雑貨

おすすめ商品(本)

おすすめ商品(イタリア語関連)

フリーエリア

アフィリエイトならリンクシェア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。